日本海沿いを行く石油輸送列車

2011-4-4 13:41

東北の被災地に石油を届ける臨時の貨物列車が運行されています。その出発の様子は被災地向けの石油輸送列車が根岸から出発でお伝えしました。

上越線で長岡から信越・羽越・奥羽本線を経由して青森へ。そこから東北本線を南下して盛岡へと運ばれています。まだ雪の降る被災地へ灯油やガソリンを届けます。

EF8110 タキ1000 石油輸送

写真の列車は緑色のタキ1000で構成された編成で、牽引機のEF81 10号機は3月改正で休車となる予定だっものの、急遽臨貨の任に当たっています。

日本海縦貫線でEF81が石油タンク列車を引いたことは、すくなくとも近年は無かったはずです。関東地区でも石油輸送にEF81が充当はされていませんでした。

昨年の焼島紙輸送がコンテナ化されてからは、日本海縦貫線では専用貨車による車扱い輸送もなくなり、コンテナ輸送のみが行なわれていました。

災害による迂回輸送により、鉄道貨物の強さを見せつけられました。関係者の強い想いと努力が実を結んだ結果だと思います。

この臨時便は東北本線が復旧する4月中~下旬まで続くと思われます。復興に向けて奮闘する鉄道貨物を応援したいと思います。

コメント・トラックバック

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.