「N291 Iwaki 岩城信嘉展」砺波市美術館

2009-11-24 12:36

砺波市美術館で開催中の「N291 Iwaki 岩城信嘉展」を観に行きました。岩城信嘉は城端の生まれで、昨年に享年73歳で亡くなられた造形作家です。晩年には岩城信嘉から、 N291 Iwaki と名前を変え活動していました。その一周忌となる総合的な展覧会です。

今回は「偽証」「曲体」という石と鉄を組み合わせた作品の実物が展示されているほか、一連の「EARTH WORK」作品の写真展示が行なわれています。写真とはいえその迫力には圧倒させられます。

岩城信嘉「曲体」

更に「EARTH WORK」シリーズ中の傑作とも言える、カリフォルニアの海岸で行なった三本の巨石を倒すまでのドキュメント映像が圧巻です。人工的に設置された石柱と、その足元の砂を浸食する自然の波のコラボレーションにより生み出されるその行為は、無駄なようでいて、倒れる瞬間は待ち続けたものの達成感のような不思議な感動を覚えさせられます。

また、2000年以降に作成した「世情慨嘆木版画」シリーズも展示されており、EARTH WORKS とは違った一面を垣間見ることができます。2階の常設展の会場にも、石像や「香立て」など何点かの岩城信嘉作品が展示されており、とても幅が広く多彩な作家だったのだなと感じさせられました。

常設展では、ジャンルー・シーフのモノクロ写真が展示されておりましたが、この人のプリントは引き込まれてしまう魅力があります。一番気に入ったのは「早朝の‘カフェ・ド・ロール’」です。閑散とした街の道路を横断する人の一瞬を切り取った感覚が素晴らしいです。また、ジェーン・バーキンを初めとする人物のポートレートもついつい見つめてしまうクオリティです。モード写真も良かったです。こちらもぜひ足を運んでください。

コメント・トラックバック

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.