生誕100年 ジャクソン・ポロック展 東京国立近代美術館

2012-2-12 23:14

久しぶりの更新です。東京国立近代美術館で開催中の生誕100年 ジャクソン・ポロック展展覧会公式サイト 2012年2月現在)に行ってきました。

東京国立近代美術館

床に広げた大きなキャンバスに絵具を流し込んだり、注いだりして描く独特の技法で全米的な注目を集めた近代の画家です。その代表的な作品《インディアンレッドの地の壁画》は、200億円の価値があるといわれます。

インディアンレッドの地の壁画

これが絵? 価値があるの? と思う方もあるかもしれません。わからなければわからないでいいと思います。抽象絵画の好きな私からするとポロックの、特に全盛期の作品はいい絵だと思います。もちろん意味は分かりませんが、私は部屋に飾っても良いと思えるかどうかで判断しています。

さて、この展覧会ではポロックの初期の作品から全盛期、そして急逝するまでの歴史を追って作品展示されています。そのため最初は具象的な作品が並びますが、ピカソの影響を受けてキュビズム、そして独自の技法へと発展させていく過程がわかります。

具象から抽象へ、中心のある構図から平均的な画面構成への変化。それでいて決してカオスではなく一定の秩序を感じさせる作品です。そんな彼が後期には自身のイメージを破壊するように具象を取り入れるなどの変化も見て取れます。

個人的にはもう少し全盛期の作品群を多く展示してもらいたかったのですが、なかなかバランスのよう内容だと思いました。

この展覧会でジャクソン・ポロックを知った方で、あんな絵を描いたら楽しそうだなあ、でも大変そうだと思った方には、ブラウザでポロック風の絵を描けるサイトがあります。

pollock.org ではマウスでポロック風の絵を描ける!?

まあ、似て非なるものですが、雰囲気だけは楽しめると思います。

コメント・トラックバック

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.