ソフトフォーカスレンズ “Minolta AF SOFT FOCUS 100mm/F2.8”

2009-2-24 22:15

秋山庄太郎の『花妖』を見てから、ソフトフォーカスレンズが気になりだしました。今月のカメラ雑誌(立ち読みしたので誌名は忘れました)によると、6×7の120mmのソフトフォーカスレンズを使っていたとのこと。おそらくPENTAX SMCP 67 120mm F3.5のことだと思います。

ソフトフォーカスレンズ利用例

αマウントでも 100mm のソフトフォーカスレンズがあります。ミノルタおよびコニカミノルタ時代に出ていた “AF SOFT FOCUS 100mm/F2.8” というレンズです。銘玉と呼ばれますが癖のあるレンズで、ソニーには引き継がれなかった(コニミノ末期にディスコンになった)ため、現在では中古でも新品価格を上回る値段が付いたりしています。私はオークションで美品を安く入手することができました。

ソフトフォーカス花の習作1

フォーカスリングのほかに、ソフト量を調節できるリングが備わっています。これを3にするとソフト量が強くなり、かなり幻想的な雰囲気になります。1でもかなりふわっとした雰囲気になります。ソフト量0だと実にシャープな描写をするのもこのレンズの特徴です。ちなみに開放でも口径食(ビネット)がほとんどでないそうです。

ただ、銘玉とは言っても欠点はあります。前群繰り出し式フォーカスのため、AF時に前玉が回転してしまいます。最短撮影距離が0.8m というのも残念なところです。またソフト量調節の際にもレンズの長さが変わり、画角も若干変わります。鏡胴もお世辞にも高級感があるとは言えません。しかし、フォーカスホールドボタンが付いていたりと、使いやすい面もあります。なりよりもソフトがはまったときの画質が素晴らしいので、欠点には目を瞑ってしまいます。

ソフトフォーカス花の習作2

ソフト量は 0~3 の範囲で調整できますが、0.5 あたりという中間で撮ることも可能です。ちなみにソフト量の目盛り(0~3)はデジタルカメラの EXIF 情報には反映されませんので別に記録しておく必要があります。EXIF も万能ではないので、フィルターワークや三脚使用の有無と同じで仕方ないことですが、ちょっと残念ですね。

コメント・トラックバック

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.